読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらっと北摂

大阪の吹田・茨木・摂津を中心にした情報ブログ

【豊中】見て楽しい、食べておいしい森のおはぎに行ってきた

今日は、昨年12月に行った可愛すぎる見た目で話題の森のおはぎさんをご紹介!

お店の場所は阪急岡町徒歩5分、豊中市役所のほど近く。商店街の中でさりげなく営業されているので、ぼーっとしてたらうっかり通り過ぎそうになりました。

 

f:id:buratto_hs:20170213124934j:plain

レトロな明朝体がオシャレな看板。こちらが目印に。

 

f:id:buratto_hs:20170213124950j:plain

外観はこんな感じ。
営業時間は10時〜13時と14時〜売り切れまでだったので、ゆっくり14時すぎに行ったのですが、続々と行列ができていってます。果たして売り切れ前に買えるのか…?

 

f:id:buratto_hs:20170213125000j:plain

f:id:buratto_hs:20170213125007j:plain

無事順番が回ってきました!

ケースに並ぶ可愛らしいおはぎたち。定番おはぎが5種類と季節のおはぎが3種類、あとわらび餅もありました。サイズは普通のおはぎよりやや小ぶりで、2つ3つ、ぺろりといけちゃいそう。

今回は定番の「大納言雑穀もち(121円)」「深炒きなこ雑穀もち(121円)」季節の「鳴門金時雑穀もち(167円)」をチョイス。たまたま全部「雑穀もち」でしたが、もちの部分は「雑穀もち」と「黒米もち」の2種類あるみたいです。

「雑穀もち」はぷちぷちした食感がアクセントになっていて、もち米だけのおはぎと比べると複雑な味わいで新鮮!

どれもおいしかったけど、個人的には定番「大納言雑穀もち」が一番でしたね。あんこの素朴な甘さと雑穀が絶妙な感じで、ほっこりした気持ちになること請け合い!
あ〜!全種類コンプリートしたいな!!

テイクアウト専門のお店ですが、おはぎの袋も抜群に可愛いのでお持たせにぴったりですね!

 

 

◆森のおはぎ

大阪府豊中市中桜塚2-25-10


Twitterも随時情報をツイートします!